債務整理(過払い金)のご相談なら

債務整理(過払い金)関連情報サイト
イージス法律事務所
03-3289-1055
受付時間:9:00~19:00
(土日祝祭日を除く)
過払い金返還の事例
過払い金返還事例:Uさんの場合
生活状況:年齢35歳 既婚(妻と子供1人)サラリーマン
消費者金融6社から399万円借入れ
Uさんは、13年前に交際費として消費者金融より20万円の借入れをし、その返済の為に借入れを繰り返し、借入総額は現在399万円に。
ここ一年は月の支払いが15万円となっていました。現在どこの消費者金融からも借入れができず、妻子を養うサラリーマンとしては、支払いも限界となり、当事務所に債務整理の相談にいらっしゃいました。
調査の結果、取引が長い業者が多かったことから、4社から過払い金返還が189万円あり、1社は0円に、残った1社も12万円に減額となり、過払い金より返済をしても合計177万円の返還金がありました。
総債務399万円→177万円過払い金返還(払い過ぎ分)
借入先 借入期間 借入金額 債務整理後の金額
消費者金融A社 13年 200万円 121万円 の過払い返還
消費者金融B社 10年 60万円 33万円 の過払い返還
消費者金融C社 9年 48万円 19万円 の過払い返還
消費者金融D社 8年 33万円 16万円 の過払い返還
消費者金融E社 7年 30万円 0円 の過払い返還
消費者金融F社 5年 28万円 12万円 の過払い返還
完済後過払い金返還の事例 Tさんの場合
生活状況:年齢60歳 既婚(妻と子供1人)サラリーマン
消費者金融3社から230万円の借入れ(1年半前に完済済み)
Tさんは、サラリーマン時代に会社の同僚との付き合いでかかった飲食代の支払いのため、消費者金融A社でキャッシングを開始しました。
その後、他の消費者金融からも借入れを開始し、3社からの借入総額は一時230万円となっていました。
3社への支払いを20年以上継続し、当事務所へ依頼する1年半前に、ご家族から援助を受け一括で返済しました。新聞などで払い過ぎていた利息について返還請求ができると知り、相談会にて当事務所に過払い金返還請求の依頼をしたところ、Tさんはグレーゾーン金利を借入期間の大半に渡って支払っていたため、結果として1,802万円もの過払い金返還に成功しました。
総債務230万円(完済済み)→1,802万円過払い金返還(払い過ぎ分)
借入先 借入期間 債務整理後の金額
消費者金融A社 33年 940万円の過払い返還
消費者金融B社 28年 362万円の過払い返還
消費者金融C社 22年 500万円の過払い返還
完済後過払い金返還の事例 Hさんの場合
生活状況:年齢66歳 既婚(妻)無職(年金収入のみ)
消費者金融5社(完済日不明)
Hさんは、過去にいくつか消費者金融で借入れをしていましたが、当時を忘れたい思いもあり、契約書や領収書などの書類は全て処分していました。
書類がなくても、記憶があいまいでも借りていた業者が分かれば大丈夫と知ったHさんは当事務所の相談会に来られました。
結果として2社は完済後10年以上経過していたため時効でしたが、残り3社から598万円の過払い金返還に成功しました。
(弁護士費用は、取り戻せた過払い金から精算したため、事前に費用を支払うことなく解決できました。)
総債務不明→598万円過払い金返還(払い過ぎ分)
借入先 借入期間 債務整理後の金額
消費者金融A社 15年 421万円の過払い返還
消費者金融B社 11年 115万円の過払い返還
消費者金融C社 8年 52万円の過払い返還
消費者金融D社 16年 0円(時効)
消費者金融E社 12年 0円(時効)
任意整理の事例 Tさんの場合
生活状況:年42歳 既婚(夫と子供2人)パート
消費者金融3社から120万円の借入れ
Tさんは、長年夫には内緒で借入れを繰り返し、パートで働きながら何とか返済をしてきましたが、とうとう借入れの限度額がいっぱいになってしまい、当事務所に相談にいらっしゃいました。
本来、3社総債務額120万円を利息18%で月々3万4千円返済していくと、借金の返済には51回払いで約4年3ヶ月かかり、最終的には元利合計約172万円の返済をしなければならなかったところ、任意整理で各業者と交渉し将来利息をカットしてもらった結果、月々3万4千円の36回払い(約3年)で元金120万円のみ返済するという形で、家族にも内緒で完済の見通しを立てる事ができるようになりました。
(※ご相談者様の生活状況に合わせて、毎月の支払い金額を少なくする事もできます。)
元利合計約172万円→元金120万円のみ返済
月々返済額 利息 元金返済にかかる期間(回数)
3万4千円 3万4千円 18% ︎0% 約4年3ヶ月 約3年(36回払い)
利息を含めた最終返済額 利息として払う金額
約172万円 ︎ 120万円 約52万 ︎ 0円
※以上は、一般的な案件を参考に創作した事例です。
解決の結果は、借入条件・取引状況により個人差があり、必ずしもこのような結果になるとは限りません。
詳しくはお問い合わせ下さい。
関連サイト
  • 交通事故・被害者側の慰謝料に関しての専門情報サイト
  • 過払い金・自己破産 債務整理に関しての専門情報サイト